株式会社TBC

HOME>採用情報>TBCのエンジニア>平川悠樹

採用情報

Prev

Next

1997年入社 平川悠樹

星座:おうし座/血液型:A型 卒業:久留米工業大学付属高等学校 情報技術科

いつの時代も社会に必要とされ 時流に沿って進化を続けられる仕事

新たに気づくマネジメントの魅力

プログラミングというものが社会に与えるインパクトの大きさに可能性を感じて、本格的にその知識とスキルを身につけたいと思い、高校時代にエンジニアの道に進むことを決めました。当時は日本のインターネット黎明期ということもあり、システムエンジニアというと専門的な勉強をしてきた一部の人がやる仕事と思われていましたが、世の中に必要とされるサービスになるのは間違いないと確信していましたし、職業としての需要がなくなることはないと考えたのです。

現在は大手ネット証券で、システム監視ツールを利用した監視システムの構築をしながら、プロジェクトマネージャーとして現場メンバーの業務管理を担当しています。外部スタッフを含めて、いろいろなタイプ人を育てているので、私自身新たなフィールドに出た気分ですね。業務内容の整理や提案、お客様のニーズに応えるといったタスクと平行して、社員の成長を目の当たりにできるのはとても刺激があります。

平川悠樹
自分にとっての理想的なエンジニアとは?

月並みではありますが、この仕事で得られる達成感の中で、お客様からの感謝の言葉に勝るものはありません。数年前、とある金融機関の運用業務に従事していたときのことです。企業会員様向けのサービスに不具合が生じ、テスターにも障害が現れず、なんとか発生源を突き止めて問題をクリアするまでに丸3日かかりました。総勢3,40人のエンジニアを動員して被害を最小限に抑えたときに、お客様からいただいた「本当に…ありがとうございました!」という着飾らない感謝の言葉にすべての苦労が洗い流されました。

私たちの仕事は目の前にいる誰かにサービスを提供するというよりも、まだ見ぬ“誰か”の生活やビジネスを円滑にするものです。たしかな技術力を身につけて、社会全体を支えていきたいというスケールの大きな想いを抱いている方にとって、ベストの環境だと思いますよ。思う存分スキルを伸ばして、理想とするエンジニア像を構築していってください。

平川悠樹

ページの先頭に戻る